出生前診断とは|メリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介

出生前診断の目的とは何?

最近では出生前診断を受けたいと思う女性が増えて来ていますが、
この出生前診断の目的と言うのはどういったものなのでしょうか?

 

 

その前に出生前診断と言うのは、
妊娠の判断及び胎児の成長の過程における出産までの検査と診断が一般ですが、
高齢出産となる妊婦さんに対し、出産前に診断や検査をする場合があります。

 

 

出産前診断の目的は、妊娠の診断はもちろん、胎児の位置や向き、 
あるいは、流産の危険性があるなどの判断をエコーなどを使って診断します。

 

 

最近ではそこに先天性異常や遺伝疾患等を含めた検査が出来るようになってきました。
医療の進化によって出生前診断結果によって胎児の異常を見つけることが出来るようになってきた半面、
異常が見付かった場合、
生まれつき障害児として育てる自信があればその事実を受け止めることが出来ます。

 

 

しかし、そうでない場合、中絶するといった選択に迫られる場合があります。
つまり、中絶を選択する権利と命あるものの生きる権利がそこで問題視されていることも事実だということです。

 

 

そんな出生前診断の様々な情報を集めたサイトです。
出生前診断について検討している方の参考にしていただきたいと思います。


基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記