出生前診断による中絶のリスク

スポンサードリンク

出生前診断による中絶のリスク記事一覧

出生前診断の中期中絶とリスク

妊娠中期に入ってから、出生前診断で胎児に異常があることが分かる場合もあります。出生前診断の結果で、中絶を決意する場合もあるかもしれません。妊娠12週0日以降に人工的に中絶する手術を中期中絶といいます。「手術」と言いましたが、実際には手術というより、早すぎるこの段階で産みおろしてしまう方法です。人工的...

≫続きを読む

出産前診断で中絶が増える可能性がある

以前から出産前診断は行われていましたが、新型出産前診断が試行されるようになった現在、血液検査だけで、染色体異常があるか、ないかを診断し陰性の場合はそのまま出産を迎えます。しかし、陽性の場合、強い染色体異常がみられると言う結果通知が送られてきた場合、さらに行って確定診断を受診する前にお腹の中で育ってい...

≫続きを読む

出生前診断による中絶と不妊症

出生前診断を受け、結果胎児に異常があることが分かった場合、中絶に踏み切る人も少なくありません。勿論大抵の人は中絶という決断を下すまでに悩みぬいた、苦渋の決断だろうと思います。だからこそ、覚悟を決めて出生前診断を受けたのでしょうからね。ただ、中絶の前に是非とも考慮して欲しいのは、中絶に伴うリスク、れも...

≫続きを読む

出生前診断の中絶による身体的リスク

出生前診断で子供に異常はないと分かれば、安心して出産に臨むことができますが、逆に出生前診断で辛い結果を聞くことになった場合、中絶という決断を下す人も少なくありません。しかし中絶には様々なリスクが伴います。ここでは身体的なリスクについて触れてみたいと思います。初期中絶の場合、胎児を掻き出すために先の細...

≫続きを読む

出生前診断の中絶による精神的なリスク

出生前診断を受ける人は皆、お腹の赤ちゃんが無事に元気な姿で生まれてくることを願っていることでしょう。だからこそ、安心したいために出生前診断を受けるわけです。ですから赤ちゃんに異常があると判断された時には本当に辛い思いをします。苦渋の決断として、中絶を選択することもあるかもしれません。しかし中絶にはリ...

≫続きを読む

出生前診断の初期中絶とリスク

新出生前診断は、妊娠初期の段階から受けることができます。この出生前診断で早めに安心できれば良いのですが、逆に思わしくない結果が出てしまう場合、初期の段階で中絶を選択する人もいます。初期中絶とは11週6日までに行う中絶手術です。手術では静脈麻酔をかけてから機械的に子宮の中から胎児を掻き出します。またこ...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記