出産前診断で中絶が増える可能性がある

スポンサードリンク

出産前診断で中絶が増える可能性がある

以前から出産前診断は行われていましたが、新型出産前診断が試行されるようになった現在、血液検査だけで、染色体異常があるか、ないかを診断し陰性の場合はそのまま出産を迎えます。
しかし、陽性の場合、強い染色体異常がみられると言う結果通知が送られてきた場合、さらに行って確定診断を受診する前にお腹の中で育っている胎児の命を消す可能性が増加していくのではないでしょうか?

 

以前から行われている出産前診断のエコー検査の結果だけでも出産に不安を感じて中絶する妊婦も増えていると報告されています。
それに輪をかけるように出産前診断結果によっては、中絶を選択する人が間違いなく増えてきます。

 

でも、このエコー検査と言うのは、胎児の形態に異常がないかどうかを調べます。
そして、異常があるなと判断を下した時、羊水検査をすすめ確定検査をするのですから、このエコー検査による特にNT測定は熟練の医師にみてもらうことが、重要になってきます。

 

出産前診断の結果だけで、安易に尊い命を消してしまわないようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記