出生前診断による中絶と不妊症

スポンサードリンク

出生前診断による中絶と不妊症

出生前診断を受け、結果胎児に異常があることが分かった場合、中絶に踏み切る人も少なくありません。
勿論大抵の人は中絶という決断を下すまでに悩みぬいた、苦渋の決断だろうと思います。
だからこそ、覚悟を決めて出生前診断を受けたのでしょうからね。

 

ただ、中絶の前に是非とも考慮して欲しいのは、中絶に伴うリスク、
れも不妊症に繋がるかもしれないというリスクです。
勿論今の医学では正しく手術が行われれば、不妊症になる可能性は低いです。
しかし中絶経験のない人と比べれば可能性が高いのも事実。
中絶とは人工的に子宮内の胎児を取り出すことですから、子宮に負担をかけ、
子宮壁に傷をつけたり炎症を起こしてしまったり、またその炎症が原因で卵管が詰まってしまったりといった可能性があるのです。

 

不妊症になってしまうと、後悔しても遅すぎます。
事実、流産経験のある人の中には、出生前診断で胎児に異常があると告げられても産みたいと強く願う人がいます。
命を宿すとは、それほど奇跡的で貴重なことなのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出生前診断による中絶と不妊症関連ページ

出生前診断の中期中絶とリスク
中絶が増える可能性がある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断の中絶による身体的リスク
出生前診断の中絶による精神的なリスク
出生前診断の初期中絶とリスク

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記