出生前診断体験記「受けてよかった」

スポンサードリンク

体験記「受けてよかった」

・40才女性
「高齢出産の場合、染色体異常の可能性が高くなると産院で説明を受け、不安になりました。
この年齢での妊娠ですから、出産までにはできるだけ気持ちを穏やかにして過ごしたかったので、出生前診断について考えてみることにしました。
ネットで調べてみると、出生前診断についてモラル面で様々な意見があるようで、検査を受けるという決定を下した私には胸の痛むものが多かったです。
また実際に検査から結果までの4週間は、長くて辛い時期でした。

 

結果は、異常なし。
本当にほっとしましたし、それ以降妊娠期間中を心穏やかに過ごすことができました。
結局、出生前診断を受けてよかったと思います。
これは結果的に良かったからではなく、今後の自分たちの将来設計についてパートナーとじっくり話し合う機会になったからです。
もし、結果が辛いものだったなら、その時自分はどう判断していたかは、生まれてきた子を抱いている今でも分かりません。
でも出生前診断は決して前面否定するべきものではないと私は思っています。」

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記