出生前診断はよく考えて受けるべき、って誰が決めたの?|出生前診断体験記

スポンサードリンク

出生前診断はよく考えて受けるべき、って誰が決めたの?|出生前診断体験記

第3子を38歳で出産した方の体験談です。

 

「勇気が無いと出生前診断を受けることはできません」
そう話すAさんは、通常の妊婦健診以外の出生前診断を受けようとは思っていませんでした。

 

事実、3人目の出産でも染色体異常の確率が減ることはありません。
「検査を受けたら、陽性が出た場合結論を迫られます。
つまり、中絶するか、産むか。
私みたいに決められない人は、結局、受けないんだと思います。

 

高齢出産なので、出生前診断は気になりました。
でも、出生前診断を受けたところで、陽性が出た場合、産む決心もできず、かといって中絶する勇気も出ない気がしたんです。
情けないですよね。
そんな自分が嫌になりそうだったので、もう検査のことは忘れることにしました」

 

Aさんは、染色体疾患のある子どもが生まれても、受け止められる自分でありたいという気持ちもあったといいます。
「もし障害のある赤ちゃんが生まれてきても、なんとかなると思うんです。
実際に障害のある子供を育てている人が聞いたら、それは甘い考えだと言われるかもしれません。
私には想像できない苦労がたくさんあると思います。

 

でも、生まれてさえくれれば、もうどっちにするか決断しなくていいのです。
私にとっては、決めなくてすむことが一番でした。

 

ちなみにAさんは夫に出生前診断を受けるかどうか聞かれたこともあるといいます。
夫から「検査、受けるの?」と聞かれたそうです。

 

Aさんの口をついて出た言葉は「受けないよ」でした。
すると夫も「そうか」とだけ答えて、話は終わったそうです。

 

結局、2人とも受けたくなかったのかもしれません。
「出生前診断を受けるかどうかは、よく考えて決めましょう」と言われます。

 

でもこのAさんの体験談を聞くと、「考えない」という手もありだとと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記