流産率80%の妊娠をNIPTで乗り越える|出生前診断体験談

スポンサードリンク

流産率80%の妊娠をNIPTで乗り越える|出生前診断体験談

Tさんは体外受精を何年も続け、ようやく妊娠することができました。
しかしTさんの不妊治療は困難を極め、海外での治療も視野に入れるほどでした。

 

そんな中ようやく授かった赤ちゃん。
Tさんは天にも昇る気持ちでした。

 

しかし、そんなTさんに医師から告げられた残酷な言葉。
流産率80パーセント。
「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の値が正常値の半分しかないので極めて流産する可能性が高いです。」

 

Tさんは流産のショックに耐えられるよう、妊娠を喜ばないように努めました。
誰かに「おめでとう」と言われても、決して気をゆるしませんでした。
Tさんがそこまで頑ななのは、過去にも一度流産をしているからです。
そのときは大喜びしてしまったために精神的なショックが大きかったのです。

 

Tさんは、NIPTの結果が陰性と出るまで、妊娠を喜ばないと決めていました。
Tさんは2カ所で出生前診断を受けました。
妊娠初期超音波検査とNIPTを受けるためです。
そして妊娠初期超音波検査でもNIPTでも陰性の結果をもらった日、「本当に妊娠したんだ」と湧き上がる喜びを噛み締めました。

 

出生前診断でようやく妊娠を喜べるといったケースもあるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記