出生前診断の検査方法とは

スポンサードリンク

出生前診断の検査方法とは記事一覧

出生前診断の方法とは

出生前診断のもっともポピュラーな方法はエコーによるものです。エコーとは超音波検査のことですね。妊娠10週から14週で胎児の項部浮腫などを調べると、染色体異常などの目安となります。超音波検査装置の性能も良くなるにつれて、出生前診断の精度も向上しています。またエコーによる出生前診断には3つのレベルがあり...

≫続きを読む

出産前診断の診断方法

2013年4月から出産前診断が本格的に始動し始め、出産前に胎児に異常があるかどうか、わかるようになりました。この出産前診断の方法は、以前から言われていた方法どおりですが、最新の方法をここで説明いたします。まず、妊婦が出生前診断を希望した場合、採血がされ、その結果判定により陰性もしくは陽性がわかります...

≫続きを読む

出産前診断(従来と新型)の方法

従来の出産前診断と新型出産前診断は、重なるポイントがいくつかありますので、そのポイントをまず理解しておくようにしましょう。従来の出産前診断は、超音波検査、母体血清マーカー、羊水検査だけでしたが、今回新しく新型出産前診断が加わって、4種類の診断方法になりました。方法としては、超音波検査は、母体の膣の中...

≫続きを読む

非確定検査である母体血清マーカーと出産前診断の違い

強い染色体異常の疑いを見つけるだけの非確定検査である母体血清マーカーと出産前診断の違いはどんなものなのでしょうか?どちらも妊婦から採取した血液を検査するということでは同じものです。母体血清マーカーは、血液中のたんぱく質やホルモンの数値から染色体異常(18番21番)と開放性二分脊椎である確率を割り出し...

≫続きを読む

従来の出産前診断である母体血清マーカー検査とはどういうもの

出産前診断は従来から行われているもので、母体血清マーカーと言う診断方法があります。この母体血清マーカーも今回新しく施行される出産前診断と同じように血液を採取して検査を行うタイプのものです。この検査は、血液中のαフェトプロテイン(胎児の肝細胞や卵黄嚢で産生される糖蛋白)と呼ばれているたんぱく質を測定し...

≫続きを読む

出産前診断(超音波検査とは)

出産前診断には、超音波検査と呼ばれるものがあります。この出産前診断で行われる超音波検査と言うものはいったいどのような方法で行われる検査なのでしょうか?まず、超音波検査と言うのは、人間の耳には聞こえない高い振動数を持っている音波を発生させることによって、体内の様子を観察することを指します。この超音波検...

≫続きを読む

確定診断である羊水検査とは

出産前診断を受診し、もし、染色体異常が強く出た場合、最終的に判断を行う検査として、羊水検査と言うものがあります。この出産前診断で確定診断となる羊水検査はどのような方法で行われるものなのでしょうか?妊娠14週から16週の妊婦から羊水を採取し、羊水細胞を培養後、染色体分析、酵素活性の測定、DNA診断を行...

≫続きを読む

絨毛検査とは(出産前診断)

従来の出産前診断の中に絨毛検査と言うものがあります。この絨毛検査は妊娠9週目から11週の間と言う限られた期間ですが、受けることが出来ます。検査方法は、膣から胎児の絨毛と呼ばれる組織を採取し、その組織をさらに培養することで、胎児のDNAを抽出することが出来ます。そのDNAを分析することで染色体や遺伝子...

≫続きを読む

どうして、高齢出産の場合染色体異常が多いのか?

2013年4月から導入されることになった新型出産前診断の目的として、高齢出産をしようと考えている人のリスクを少しでも軽減するとされています。しかし、現状として、出産前診断を行うと、高齢出産の場合、染色体異常と出る可能性が高いとも言われています。では、なぜ、高齢出産の場合はこの染色体異常が出やすいので...

≫続きを読む

出産前診断結果が陽性、絶対羊水検査を受けよう

出産前診断が本格的に実施されるようになりましたね。この出産前診断は、妊婦からの採血だけで、染色体異常の有無を高い精度で検査すると言ったもので、妊婦や胎児へのリスクも少ないということで、検診を受ける妊婦も増えてきています。特に高齢出産を控え、高齢に伴い、染色体異常の子供が出来やすいと言う不安があるため...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記