出産前診断結果が陽性、絶対羊水検査を受けよう

スポンサードリンク

出産前診断結果が陽性、絶対羊水検査を受けよう

出産前診断が本格的に実施されるようになりましたね。
この出産前診断は、妊婦からの採血だけで、染色体異常の有無を高い精度で検査すると言ったもので、妊婦や胎児へのリスクも少ないということで、検診を受ける妊婦も増えてきています。

 

特に高齢出産を控え、高齢に伴い、染色体異常の子供が出来やすいと言う不安があるため、出産前診断を受診される妊婦のほとんどは高齢、35歳以上の妊婦と言う報告がされています。

 

ただ、この出産前診断で陰性と言う判定が出たために確定診断である羊水検査を受けたところ、陽性反応ではなく、陰性反応が出たというケースもわかってきています。

 

つまり、異常の可能性が強く出た場合、必ずしもその結果が正しいものではないということです。
陽性反応が出たから、すぐに、その子の未来を消すと言う考えを持たずに、遺伝カウンセリングの際に説明があった確定検査である羊水検査を受けるようにしましょう。

 

確かにその分、費用などがかさむかもしれませんが、万が一、何も異常がない子供だったら、安心して産むことができるのではないでしょうか?

 

このように判断結果が変ってくるということも理解しておくことが必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断結果が陽性、絶対羊水検査を受けよう関連ページ

診断の方法とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断方法
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
従来と新型の方法
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
非確定検査である母体血清マーカーとの違い
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
母体血清マーカー検査とはどういうもの
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
超音波検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定診断である羊水検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
絨毛検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
どうして、高齢出産の場合染色体異常が多いのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記