出産前診断の診断方法 

スポンサードリンク

出産前診断の診断方法 

2013年4月から出産前診断が本格的に始動し始め、出産前に胎児に異常があるかどうか、わかるようになりました。
この出産前診断の方法は、以前から言われていた方法どおりですが、最新の方法をここで説明いたします。

 

まず、妊婦が出生前診断を希望した場合、採血がされ、その結果判定により陰性もしくは陽性がわかります。
血液検査の結果、陰性の場合は染色体に異常なしとされ、陽性の場合は、染色体の異常の可能性があるため、さらに羊水検査を行い、この羊水検査で確定診断がされることになります。

 

ただ、採血だけで安全であり、診断制度が高いと言われていますが、万が一、陰性結果が出てしまった場合、安易に人工中絶を考える人が増加するのではないかと懸念されています。

 

でも、出産前に生まれてくる子供が、五体満足に生まれてくるかどうかと言うのは、生む前から不安要素でもありますよね?

 

それが、出産前に異常が有無がわかることは、ある意味、安心して子供を生めるというのでは、良いことなのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断の診断方法関連ページ

診断の方法とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
従来と新型の方法
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
非確定検査である母体血清マーカーとの違い
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
母体血清マーカー検査とはどういうもの
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
超音波検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定診断である羊水検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
絨毛検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
どうして、高齢出産の場合染色体異常が多いのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断結果が陽性、絶対羊水検査を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記