非確定検査である母体血清マーカーと出産前診断の違い

スポンサードリンク

非確定検査である母体血清マーカーと出産前診断の違い

強い染色体異常の疑いを見つけるだけの非確定検査である母体血清マーカーと出産前診断の違いはどんなものなのでしょうか?
どちらも妊婦から採取した血液を検査するということでは同じものです。

 

母体血清マーカーは、血液中のたんぱく質やホルモンの数値から染色体異常(18番21番)と開放性二分脊椎である確率を割り出していきます。
その際、確率は何分の1と示されます。

 

新しい出産前診断は、確率何分の1と言う示し方ではなく、陽性か陰性、この2つのどちらかで検査結果が示されます。
例えば、ダウン症の結果が陰性の場合99.9%以上ダウン症ではないということになります。
反対に陽性の場合、妊婦の年齢が低いほど、結果が正しい確率は下がり、例えば、35歳の妊婦の場合、陽性の100人中20人はダウン症でないと言う可能性が出てきます。

 

陰性の場合ならそのまま安心して出産することが出来ますが、陽性の場合、本当にダウン症なのかどうかの確定診断と呼ばれる羊水検査を受けます。
この羊水検査を必ず受けなければ、確定出来ませんが、流産を引き起こす可能性が0.3%あります。
まずは、出産前診断を受ける前にカウンセリングを受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


非確定検査である母体血清マーカーと出産前診断の違い関連ページ

診断の方法とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断方法
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
従来と新型の方法
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
母体血清マーカー検査とはどういうもの
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
超音波検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定診断である羊水検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
絨毛検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
どうして、高齢出産の場合染色体異常が多いのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断結果が陽性、絶対羊水検査を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記