従来の出産前診断である母体血清マーカー検査とはどういうもの

スポンサードリンク

従来の出産前診断である母体血清マーカー検査とはどういうもの

出産前診断は従来から行われているもので、母体血清マーカーと言う診断方法があります。
この母体血清マーカーも今回新しく施行される出産前診断と同じように血液を採取して検査を行うタイプのものです。

 

この検査は、血液中のαフェトプロテイン(胎児の肝細胞や卵黄嚢で産生される糖蛋白)と呼ばれているたんぱく質を測定します。
αフェトプロテインは妊娠周期で量が変化するため、平均値より高い場合、胎児の先天性異常あるいは、妊娠経過の異常を早期発見することが出来ます。

 

反対に平均値より低い場合は、妊娠中毒症または合併症を伴う妊娠が疑われるというものでもあります。

 

費用は大体2万から3万円前後ですので、同じ血液採取で検査する出産前診断に比べると10分の1で済むということになります。
ちなみに新型出産前診断の場合は、10ml中のDNAを分析し、ダウン症などの染色体異常を調べる検査ですので、費用も大体21万円前後と高額になっています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


従来の出産前診断である母体血清マーカー検査とはどういうもの関連ページ

診断の方法とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断方法
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
従来と新型の方法
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
非確定検査である母体血清マーカーとの違い
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
超音波検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定診断である羊水検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
絨毛検査とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
どうして、高齢出産の場合染色体異常が多いのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断結果が陽性、絶対羊水検査を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記