遺伝カウンセリングが最も必要である新型出産前診断

スポンサードリンク

遺伝カウンセリングが最も必要である新型出産前診断

出産前診断に必要とされているカウンセリングですが、施行されて1ヶ月経った5月の報告では、カウンセリングを受けた時間にばらつきがあったと言うことが言われています。

 

カウンセリングに要する時間は、20分未満、20分から30分、30分から1時間が、それぞれ30%を占めていたそうです。
やはり、妊婦自体が事前に情報を収集している知識や認識、抱える不安要素、家庭環境などが違うために、カウンセリングにかける時間も変ってくるのかもしれません。

 

でも、1番重要なのは、出産前診断でわかる染色体異常反応が陽性だった場合の心構え等を、正確に説明しておかなければいけないということになります。

 

ただ、出産前診断のカウンセリングについてのアンケートでは、提供された情報量は十分だったと97%の妊婦さんが、答えているので安心できますが、今後、あやふやなカウンセリングをされてしまったり、想定外の人数の多さで、カウンセリング自体がおろそかになってしまっては、何の意味もないわけですから、個々の状況に合わせたカウンセリングを是非ともしていただきたいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


遺伝カウンセリングが最も必要である新型出産前診断関連ページ

保険が適用されません
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を実施出来る医療機関の条件
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を受けることが出来る医療機関
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
日本産婦人科学会の指針について
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝子相談を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
欠かせない遺伝カウンセリングとは?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
結果が出るまでの2週間
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受けたくても受けれない
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断と不妊治療の切っても切れない関係
診断がスタートして1ヶ月たった5月の結果は
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記