出産前診断に欠かせない遺伝カウンセリングとは?

スポンサードリンク

出産前診断に欠かせない遺伝カウンセリングとは?

出産前診断を受ける前に遺伝カウンセラーによるカウンセリングを必ず受けるようにしましょう。

 

この遺伝カウンセラーは、出産前診断を受ける前、受けた後、遺伝子検査で明らかになる疾患や療育上必要な社会福祉関係の情報を提供し、あらゆる面でメンタルケアを行う役目を担っている医療スタッフでもあります。

 

遺伝子の変化や染色体の変化と言うのは、誰しもがいくつか持っているとも言われています。

 

先天性心疾患や口唇口蓋裂、神経・筋疾患、内分泌異常等、新生児に認められる形態的、先天異常は、約新生児の5%から6%(軽度のものを含め)を占めていて、1歳までの乳児の原因とも言われています。

 

このような遺伝子の異常、染色体異常があった場合、どのような病気を持って生まれてくるのか、あるいは、今、お腹の中では、どんな状態なのか等専門的に説明し、当事者である妊婦そして家族に理解を得て診断を受けるようにすすめ、問題が万が一起こった場合その問題に対する解決策を援助し、心理的なメンタルケアを行うといった内容を説明するのが、この出産前診断のカウンセリングでもあるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断に欠かせない遺伝カウンセリングとは?関連ページ

保険が適用されません
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を実施出来る医療機関の条件
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を受けることが出来る医療機関
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
日本産婦人科学会の指針について
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝子相談を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝カウンセリングが最も必要である新型
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
結果が出るまでの2週間
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受けたくても受けれない
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断と不妊治療の切っても切れない関係
診断がスタートして1ヶ月たった5月の結果は
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記