受けたくても受けれない出産前診断

スポンサードリンク

受けたくても受けれない出産前診断

出産前診断を受けたくても受けれない人がたくさんいるのではないでしょうか?
それにはいくつか理由があります。

 

まず、この出産前診断を受けるには、
保険適用外のため20万円以上の高額な検査代を自費で支払わないといけないということです。
経済的にある程度余裕がなければこの診断を受けることが出来ないため、高齢妊娠で毎日不安と戦っている妊婦であっても受けることを諦めるしかないということになります。

 

その次に35歳以上の妊婦であることと言う年齢制限があり、自分の身内に何らかの遺伝子的要因で障害を持っている人がいて、万が一、自分の子供もと考えている場合でも出産前診断を受けることが出来ないと言うことです。
確かに35歳以上になると染色体異常の子供が生まれる確率は高くなっています。

 

しかし、35歳未満でも染色体異常の子供が生まれる確率は、ゼロではありません。
中には、受けたいと思っている若い妊婦もいるはずです。
年齢制限なく全ての妊婦が受けられる体制での出産前診断となればもっと受診する妊婦が増えるはずです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


受けたくても受けれない出産前診断関連ページ

保険が適用されません
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を実施出来る医療機関の条件
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を受けることが出来る医療機関
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
日本産婦人科学会の指針について
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝子相談を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝カウンセリングが最も必要である新型
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
欠かせない遺伝カウンセリングとは?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
結果が出るまでの2週間
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断と不妊治療の切っても切れない関係
診断がスタートして1ヶ月たった5月の結果は
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記