出産前診断を受けることが出来る医療機関

スポンサードリンク

出産前診断を受けることが出来る医療機関

新しい出産前診断を受けることが出来る医療機関は以下の22施設に2013年5月現在となっています。

 

北海道大学、札幌医大病院、岩手医大、宮城県立こども病院、新潟大学、国立生育医療研究センター。
昭和大学、東京女子医大、埼玉医大、埼玉医大学病院、横浜市立大学、名古屋市立大学、藤田保健衛生大学。
大阪大学、兵庫医大、兵庫医大病院、神戸大学病院、愛媛大学、徳島大学、福岡大学病院、国立病院機構九州医療センター、長崎大学。

 

上記の医療機関において出産前診断を受けることが出来ますが、大学病院などの中には、妊婦検診をしている医療施設からの紹介があった場合のみ診断をするといったところもあり、個人での直接予約は受け付けない場合があります。

 

もし、近くの医療機関で、出産前診断をと考えている場合、カウンセリングなどを受けることになります。
まずは、どのようなものが必要なのか、自分は受診できるのかどうかなど、事前に最寄の医療機関に問い合わせてから、受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断を受けることが出来る医療機関関連ページ

保険が適用されません
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を実施出来る医療機関の条件
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
日本産婦人科学会の指針について
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝子相談を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝カウンセリングが最も必要である新型
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
欠かせない遺伝カウンセリングとは?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
結果が出るまでの2週間
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受けたくても受けれない
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断と不妊治療の切っても切れない関係
診断がスタートして1ヶ月たった5月の結果は
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記