出産前診断を実施出来る医療機関の条件

スポンサードリンク

出産前診断を実施出来る医療機関の条件

出産前診断が実施することが出来る医療機関の条件と言うのがあります。
まず、この新しい出産前診断は、従来の診断方法よりもより正確に染色体異常の判定が高いとされている上、妊婦や胎児にあまりリスクがかからない、血液採取のみと言う方法での判断のため受診される妊婦が多くなると言うこともあり、条件もかなり厳しくなっています。

 

特に出産前診断の診断結果によっては、命の選択と言う指摘もあるため、妊婦に対して、十分な知識や情報を提供出来ることが先決で、診断前後に十分なカウンセリングが出来る施設かどうかが認定基準の優先順位とされています。

 

また、その他に遺伝に対する専門医の資格を持つ産婦人科あるいは、小児科の専門医師がいることや、専門外来の設置なども施設認定の条件に含まれています。

 

ただ、この遺伝子カウンセリングは、公的医療保険対象外となり、1時間あたり5,000円から10,000円程度かかる場合もあります。
その上、遺伝子カウンセラーの人数も現在では140人程度しかいないというのが現状で、カウンセリングの内容にも違いがある可能性があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断を実施出来る医療機関の条件関連ページ

保険が適用されません
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を受けることが出来る医療機関
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
日本産婦人科学会の指針について
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝子相談を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝カウンセリングが最も必要である新型
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
欠かせない遺伝カウンセリングとは?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
結果が出るまでの2週間
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受けたくても受けれない
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断と不妊治療の切っても切れない関係
診断がスタートして1ヶ月たった5月の結果は
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記