出産前診断 日本産婦人科学会の指針について

スポンサードリンク

出産前診断 日本産婦人科学会の指針について

染色体異常の有無を高い確率で検査が出来ると言われている出産前診断ですが、尊い命の選択と言うせっかく授かった待望の赤ちゃんの将来を決める診断でもあります。

 

この出産前診断における日本産婦人科学会の指針を簡単に説明すると、
@血液採取だけの検査のためダウン症などの染色体異常の子供の未来を消してしまう可能性がある。
A対象の妊婦は染色体異常のある子供を出産した経験がある妊婦と高齢妊娠などの場合。
B専門医師は安易にこの新型出産前診断を勧めてはいけないとされています。

 

特に生まれてくる子供に染色体異常の恐れがある場合に限り、遺伝子カウンセリングが出来る認定医療機関で実施することとなっています。

 

この出産前診断を受けようと考えている妊婦へのカウンセリングが最も重要なポイントとなり、お腹の中の胎児に異常があるとわかった時、産む場合も中絶する場合も決断する期間が短いため、重く辛い選択に直面する妊婦やその家族に対して納得のいく説明が出来るかどうかが問題かもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断 日本産婦人科学会の指針について関連ページ

保険が適用されません
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を実施出来る医療機関の条件
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を受けることが出来る医療機関
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝子相談を受けよう
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝カウンセリングが最も必要である新型
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
欠かせない遺伝カウンセリングとは?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
結果が出るまでの2週間
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受けたくても受けれない
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断と不妊治療の切っても切れない関係
診断がスタートして1ヶ月たった5月の結果は
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記