出生前診断を受ける前に遺伝子相談を受けよう

スポンサードリンク

出生前診断を受ける前に遺伝子相談を受けよう

高齢出産や第一子が何らかの障害を持って生まれてきたと言う妊婦にとっては、出産への不安はもちろんあると共に染色体異常の可能性と言う新たな不安を抱えているのではないでしょうか?

 

出産前診断と言うのは、採血だけの検査なので、妊婦への負担が少なく、簡単に出来ると言うことだけで、何の知識も情報もない妊婦が安易に受診する可能性が高いものでもあります。

 

特に新しい出産前診断を受ける前には、必ず、遺伝子相談(カウンセリング)を受けることが条件になっています。
その後、採血に進み、検査結果が出て来ます。
再度、陽性反応が出た場合再度このカウンセリングを受け、羊水検査を受けるかどうか等の判断をするということになります。

 

軽い気持ちでこの出産前診断を受けることだけは絶対に避けてもらいたい。
この検査は、お腹の中の胎児の未来だけではなく、自分たちの将来にも左右する重い結果が出る可能性もあるのですから、よくカウンセラーと相談した上で、本当にこの検査が必要だと思っている人だけが受けるべきかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出生前診断を受ける前に遺伝子相談を受けよう関連ページ

保険が適用されません
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を実施出来る医療機関の条件
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
診断を受けることが出来る医療機関
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
日本産婦人科学会の指針について
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
遺伝カウンセリングが最も必要である新型
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
欠かせない遺伝カウンセリングとは?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
結果が出るまでの2週間
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受けたくても受けれない
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
出生前診断と不妊治療の切っても切れない関係
診断がスタートして1ヶ月たった5月の結果は
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記