出生前診断とは?出生前診断の基本について

スポンサードリンク

出生前診断とは?出生前診断の基本について記事一覧

出産前診断とは

出産前診断と言うのは、妊娠中の妊婦のお腹にいる胎児の状態を検査し、染色体等の異常があるかないかを診断することを言います。一般的には、超音波によるエコー検査、母体血清マーカー、羊水検査、そして新たに血液採取による診断の4つの方法になります。この出産前診断は、胎児の状態のみを調べるもので、大きく2種類に...

≫続きを読む

出生前診断のメリットとデメリットをきちんと知っておこう

■出生前診断とは出生前診断は、赤ちゃんがお腹の中にいるうちに特定の病気や障害を持っていないかを調べることのできる検査です。高齢出産であったり、自身や親戚に遺伝的な病気を持つ人がいる場合、赤ちゃんが何かしらの病気や障害を持って生まれてくる可能性が高くなります。また、妊娠中に大きな病気にかかってしまった...

≫続きを読む

出生前診断の利点と問題点は?

なんらかの先天異常を持つ子どもが生まれる確率は約3〜5パーセントといわれています。この数字はすべての夫婦に当てはまります。日本では妊娠と出産に楽観的なイメージが強いです。多くの人が妊娠すれば、何か大きな問題さえ起きなければ、ほぼ確実に元気な子供が生まれると考えています。つまり現代人は医学を過信してい...

≫続きを読む

出生前診断をするための費用

高齢出産の場合生まれてくる子供に何らかの異常がある場合があると言われている昨今、その為に最近では出生前診断を望む女性も少なからず増えて来ています。それでは、出生前診断を受けるためにはどのくらいの費用がかかるのでしょう?検査には超音波検査、胎児心音測定が一般的ですが、その他に初期スクリーニング検査と後...

≫続きを読む

出生前診断の種類(新型出生前診断)

出生前診断の種類には、2012年10月から施行されるようになった新型出生前診断を含めエコー診断、羊水検査、母体血清マーカー検査の3つの種類があります。羊水検査の方法は、母体のお腹に針を差込み羊水を採取し、ダウン症13番と18番の染色体異常が100%わかり、検査期間は15週から18週の間に出来るように...

≫続きを読む

従来の出産前診断と新型出産前診断の違い(時期)

新型出産前診断が行われるようになった2013年4月以前にも出産前診断と言うものはありましたが、新しく施行されるようになった出産前診断とどのような点が違うのでしょうか?今までは、超音波検査、母体血清マーカー、羊水検査の3種類で、染色体異常等を診断していましたが、超音波検査と母体血清マーカーの間の期間に...

≫続きを読む

新型出生前診断で先天性異常がより明確に

2012年9月より今までの出生前診断方法である超音波診断と羊水検査の他に妊婦の血液を調べることによって、ダウン症等の染色体異常の判断が出来るようになったのはご存知ですよね?ただし、この血液検査を受けれる条件として35歳以上のダウン症の確率が高くなる高齢者の妊婦となっています。新型出生前診断では、羊水...

≫続きを読む

出産前診断が意味するものとは

出産前診断を受けたいと思っている妊婦さんは、今、特に新型出産前診断と言う新しい診断方法により、血液を採取するだけで、染色体異常などが早期発見できるため増えてきています。しかし、この出産前診断を受ける前に、この診断を受けた後、どんな診断が下されるのか、または、その結果によってお腹の中で育っている胎児を...

≫続きを読む

染色体異常とはどういったものなの?

新型出産前診断の話題が増えてきていますが、この出産前診断でわかる染色体異常13番、18番、21番と言われてもその染色体異常自体がわからないと言うのが現状です。では、この出産前診断でわかる染色体異常とはいったいどんなものなのでしょうか?染色体異常と言うのは、染色体自体の本数が多くなっていたり、欠乏して...

≫続きを読む

出産前診断を受けるきっかけとは

出産前診断を受けようと思うきっかけっていったいどういうものなのでしょうか?この出産前診断は、血液を採取するだけで染色体異常の可能性があるか、ないかがわかる検査です。ただし、この出産前診断を受けるには、いくつかの条件があります。その中の条件として、高齢出産となる35歳以上の妊婦、これが、きっかけになっ...

≫続きを読む

不妊症治療と染色体異常の関係

新しく加わった出産前診断では、35歳以上の妊婦を対象に血液を採取して、染色体異常の診断を行っています。ただ、単に35歳と言う高齢出産を希望している妊婦だけに染色体異常がみられるのでしょうか?新しくなった出産前診断の結果通知がこのほど5月に発表されています。高齢出産のために検査を受けたと言う人が257...

≫続きを読む

高齢出産でも子供が欲しい

出産前診断で言う高齢出産と言うのは、ただ、年齢が35歳以上になっているから高齢出産と言うのではなく、35歳以上で初めて子供を産む妊婦さんのことです。つまり、初産の場合を指しているということをまず最初に理解しておきましょう。2人目以降の妊婦さんの場合は、産道が柔らかく、骨盤の状態も違ってきますので、高...

≫続きを読む

高齢出産でダウン症の確率が上がる理由とその割合とは

高齢妊娠と出生前診断から連想されるイメージはダウン症と中絶といった暗いものです。出生前診断の本来の目的と違うイメージが蔓延しているのは事実です。しかし晩産化が進む現在、染色体疾患が不安な夫婦があふれています。特に日本は晩産化が著しい。全国では4人に1人、都市部では3人に1人が35歳以上の高齢妊娠だと...

≫続きを読む

出生前診断は決して無駄ではない

出産前診断を受けることは無駄ではないと言う報告がされています。ただし、ここで記載する出産前診断は、エコー検査によるものになります。エコー検査は、妊婦のお腹の上から器機をあてて胎児の脳の発育、心臓や顔、手や足などの形を読み取りながら、異常があるかないかをチェックして行きます。例えば、このチェックにより...

≫続きを読む

出産前診断は本当に不安がなくなるものなのか?

新しく出産前診断が施行されるようになり、従来の出産前診断に比べれば妊婦へのリスクが少ない血液採取だけで、ダウン症などの染色体異常が、高い確率でわかると言われていますが、本当にこの診断を受けることで、妊婦あるいはその周辺の家族の不安はなくなるものなのでしょうか?確かに異常が見付からなかった場合は、精神...

≫続きを読む

出生前診断を有効に活かそう

出産前診断と言うのは、確かに悪い結果をもたらす可能性が高いものですが、一概に悪いとばかり言えるものではありません。なぜなら、診断によって胎児や妊婦の状況をいち早く見つけることが出来るからです。例えば、出生前診断で胎児の異常を早期発見できれば、胎児のために素早い医療処置をすることが可能となります。また...

≫続きを読む

妊娠時期も頭に入れておかなければダメ

最近、話題になっている新型出産前診断は、初産の妊婦のうち高齢出産にあたる35歳以上と言う条件の元、染色体異常などの検査を受けることをすすめている出産前診断です。出産前診断の結果、胎児の染色体に異常が見付かるケースが、母体の年齢が上がれば上がるほど多くなるということです。卵巣の中で卵子は、女性が胎児の...

≫続きを読む

出産前診断で気持ちが変わる?

出産前診断で、もし、陽性反応が出た場合「産みたい」と言う気持ちはそのままですか?確かに出産前診断を受けることにより、ちゃんと胎児がお腹の中ですくすくと育っているのか、どうなのかがわかりますよね?でも、万が一、陽性反応が出てしまった場合、お腹の中で育っている胎児についてあなたは、どういう風に感じますか...

≫続きを読む

出産前診断についてのQ&A

出産前診断について受けてみたいけど、いったいどんなものなのだろう?かという不安も多々あるのではないでしょうか?そこで、遺伝子相談や問い合わせが多かったものを少し紹介いたします。@陽性だった場合羊水検査を受ける必要があるのか?可能性があるとしか診断が出来ないため、確定診断のために羊水検査が必要です。A...

≫続きを読む

出生前診断を受ける人の割合は?|アンケート結果から分かったこと

出生前診断を受ける人の割合は?出生前診断のアンケート結果をご存じでしょうか。これはNIPTが開始される直前の2012年11月に行われたアンケートです。まず、妊娠が分かった際にどれだけの人が出生前診断を受けたか、のアンケートです。その結果、35歳以上で羊水検査や母体血清マーカー検査を受けた人は、羊水検...

≫続きを読む

若い女性からも注目される出生前診断|驚きのアンケート結果

検査技術が変わって女性の出生前診断に対する考え方も変わりました。NIPTが開始されて1年6カ月経った2014年10月に「出生前診断を受けたいか、受けたくないか」の二択のアンケートを行いました。対象は20代後半から40代の子どもが欲しい働く既婚女性です。結果、出生前診断を受けたいと答えた人の割合は、3...

≫続きを読む

不妊治療と出生前診断は切っても切れない関係?

不妊治療の専門クリニックも、出生前診断を活用しはじめています。患者の高齢化が進み、妊娠した途端、今度は先天異常が気になってしまうケースが多いのです。いま不妊治療の専門クリニックでは、遺伝カウンセリングも受けられるところが増えてきました。これは妊娠してから出生前診断を考えるのではなく、これから不妊治療...

≫続きを読む

知らない間に出生前診断を受けてしまう場合もある?

妊娠すれば誰もが受ける妊婦健診で、出生前診断の決断をせまられる場合もあります。一般的な超音波検査で異常が見つかってしまうケースです。日本の妊婦超音波検査はかかりつけ医によって検査のたびに毎回のように行われています。検査の後はお腹の赤ちゃんの画像をプレゼントされることもあります。妊婦さんによっては、自...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記