出生前診断は決して無駄ではない

スポンサードリンク

出生前診断は決して無駄ではない

出産前診断を受けることは無駄ではないと言う報告がされています。
ただし、ここで記載する出産前診断は、エコー検査によるものになります。

 

エコー検査は、妊婦のお腹の上から器機をあてて胎児の脳の発育、心臓や顔、手や足などの形を読み取りながら、異常があるかないかをチェックして行きます。

 

例えば、このチェックにより、お腹の異常が見付かったケースでは、腸閉塞と言う合併症を伴う可能性があるにもかかわらず、何度か手術を行い、元気に育っている子供もいます。

 

ただ、単に、染色体異常かどうかの判断を行うのではなく、エコー検査は、胎児の発育課程での異常まで診断できます。

 

確かに出産前診断と言うのは、どの診断方法を選択しても結果がどう出てくるのか、それが、妊婦にとっては1番不安要素かもしれません。
でも、早期に見付かれば、それだけ、心にも余裕が出てくるはずです。

 

母親になるという実感は、日に日にお腹が大きくなるにつれて増して行くものですから、あまり不安に思わず、受けてみてはいかがですか?

 

その前にしっかり出産前診断について理解を深めておくようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記