出産前診断は本当に不安がなくなるものなのか?

スポンサードリンク

出産前診断は本当に不安がなくなるものなのか?

新しく出産前診断が施行されるようになり、従来の出産前診断に比べれば妊婦へのリスクが少ない血液採取だけで、ダウン症などの染色体異常が、高い確率でわかると言われていますが、
本当にこの診断を受けることで、妊婦あるいはその周辺の家族の不安はなくなるものなのでしょうか?

 

確かに異常が見付からなかった場合は、精神的にも安心して子供が産めるという喜びが増してきますが、反対に見付かった場合、生まれる前にわかるため生まれてくるまでにどうやって育てていけばいいのかと言う心の準備が出来ます。
しかし、断念するご夫婦も出てきます。

 

ただ、言えることは、新型出産前診断を受けずに万が一、子供に障害があった場合、生まれてくる前も生まれてわかった場合もそのショックは同じ大きさのものを受けるということです。

 

産むことを選択する場合、不安は付きまとってきますが、その分、育てるんだと言う決意をして、あらゆる情報を会得して出産することが出来ます。

 

何もわからずに毎日不安を抱えているより、出産前診断を受診して、その結果次第で不安がなくなればその方が、妊婦にとっては安心できるかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記