従来の出産前診断と新型出産前診断の違い(時期)

スポンサードリンク

従来の出産前診断と新型出産前診断の違い(時期)

新型出産前診断が行われるようになった2013年4月以前にも出産前診断と言うものはありましたが、新しく施行されるようになった出産前診断とどのような点が違うのでしょうか?

 

今までは、超音波検査、母体血清マーカー、羊水検査の3種類で、染色体異常等を診断していましたが、超音波検査と母体血清マーカーの間の期間に受けれるようになったのが、新型出産前診断です。

 

詳しく説明しますと、超音波検査は妊娠週数11週目から13週目、母体血清マーカーは15週目から18週目となっていて、今回の出産前診断では、10週目から22週目の間に検査を受けることができると言うことになります。

 

ちなみに、羊水検査は、妊娠週数15週目以降から受けれるようになります。

 

ただし、高齢出産を望んでいる妊婦、あるいは、不妊治療を行って妊娠した妊婦は、まず、胎児の先天異常を調べる超音波検査を受ける方が、先決かもしれません。

 

なぜなら、超音波検査で、胎児の首の後にあるNTと呼ばれるむくみの厚みを測定だけで、先天異常がわかると共に染色体異常13番、18番、21番もわかります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記