出産前診断を受けるきっかけとは

スポンサードリンク

出産前診断を受けるきっかけとは

出産前診断を受けようと思うきっかけっていったいどういうものなのでしょうか?
この出産前診断は、血液を採取するだけで染色体異常の可能性があるか、ないかがわかる検査です。

 

ただし、この出産前診断を受けるには、いくつかの条件があります。
その中の条件として、高齢出産となる35歳以上の妊婦、これが、きっかけになっているのかもしれません。

 

初めての妊娠が30代後半になってくると染色体異常の子供の確率も高くなってきます。
そのため「初めての妊娠で赤ちゃんが出来た」と言う喜びと同時に「染色体に異常があるかもしれない」と言う不安が、脳裏を駆け巡ることになります。

 

そこで、この診断を受けると言うことになるのですが、その際、検査の仕組みや対象とする病気、結果の解釈等、検査についての説明をしっかり理解しておかなければいけません。

 

理解することができれば、夫婦での話し合いの時間も十分とることが出来、不安も多少和らぐはずです。
診断を受けるきっかけはどうであれ、まずは、その診断を受けるべきかどうかを夫婦でよく話し合ってみるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記