高齢出産でも子供が欲しい

スポンサードリンク

高齢出産でも子供が欲しい

出産前診断で言う高齢出産と言うのは、ただ、年齢が35歳以上になっているから高齢出産と言うのではなく、35歳以上で初めて子供を産む妊婦さんのことです。
つまり、初産の場合を指しているということをまず最初に理解しておきましょう。

 

2人目以降の妊婦さんの場合は、産道が柔らかく、骨盤の状態も違ってきますので、高齢出産とはいいません。

 

確かに30代後半で子供を産むと言のは、特に初産の場合、2人目以上産んだ妊婦さんよりはるかにリスクがかなりあります。
例えば、卵巣機能の低下やホルモン分泌の低下等の原因による流産や早産、そして、染色体異常等の何かしらの疾患を持った子供を産む確率が高くなるということで出産前診断では条件となっているのです。

 

だからと言って不安になって子どもを諦めないでください。
せっかく授かった命です。
女性の生殖能力は年齢と共に衰え、50歳を過ぎると閉経期を迎えて、子供が欲しくても出来ないと言う時期が来るのです。
出産が可能な年齢なら、是非とも高齢出産と呼ばれても出産前診断をまず受けて産んで育てるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記