不妊治療と出生前診断は切っても切れない関係?

スポンサードリンク

不妊治療と出生前診断は切っても切れない関係?

不妊治療の専門クリニックも、出生前診断を活用しはじめています。
患者の高齢化が進み、妊娠した途端、今度は先天異常が気になってしまうケースが多いのです。

 

いま不妊治療の専門クリニックでは、遺伝カウンセリングも受けられるところが増えてきました。
これは妊娠してから出生前診断を考えるのではなく、これから不妊治療で目指す妊娠は、染色体疾患を伴う可能性が若い人より高いという事実を知っうことが大切だからです。
遺伝カウンセリングを活用すれば、妊娠前から出生前診断の知識を得て、受けるか、それとも受けないか事前に考えを固めておくことができます。

 

さらに不妊治療費と関係の深い「着床前スクリーニング(Preimplantation Genetic Screening通称PGS)」という新しい出生前診断が登場しました。
この出生前診断は体外受精により分割がある程度進んだ受精卵から細胞をいくつか採取して、染色体疾患の有無を検査します。
そして正常だった胚のみ子宮に戻すという方法です。

 

着床前スクリーニングは今後普及することが間違いないといわれています。
体外受精で出来た胚は形と分裂のスピードでグレード分けされるのが通常です。
胚着床前スクリーニングが普及している海外では、形が良く良く分裂する胚の中にも染色体に異常がある胚がたくさんあることが新しい技術によりわかってきました。
出生前診断と高度生殖医療が合体し、不妊治療が新しいステージに移行しようとしています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記