出生前診断と命の尊さの問題点とは

スポンサードリンク

出生前診断と命の尊さの問題点とは記事一覧

出生前診断の問題点とは

■出生前診断とは出生前診断とはお腹の中の胎児が先天性の病気や奇形、あるいは染色体異常を持っていないかを調べる検査のことで、一般の妊婦健診で胎児に何らかの異常が疑われる場合で本人やその配偶者が希望する場合に、追加して更に詳しく検査します。2013年に「新型出生前診断(NIPT)」が認可されましたが、そ...

≫続きを読む

出生前診断 命の尊さとは

出生前診断を受けた後、その結果如何によっては中絶を迫られると言う現実がこれからますます増えてくるのではないでしょうか?なぜなら、新型出生前診断は、10週以降で可能となり、陽性の場合の確率は約95%で、陰性の精度が99%と高くなっているからです。また、羊水検査と違い、流産の恐れも少なく、費用こそ高額に...

≫続きを読む

出産前診断を受ける前に考えて欲しい

出産前診断は、お腹の中で大きく育とうとしている胎児の運命を決めるものです。また、それと同時に、胎児だけではなく、母体の異常をも発見できると言う検査です。ただ、出産前診断を受ける前にもう1度良く考えて欲しいことがあります。それは、お腹の中で育っている胎児の人権ということです。「まだ、世に生まれてきてい...

≫続きを読む

出産前診断は、命の選択につながる検査でもある

出産前診断は、妊婦の血液採取だけで、染色体異常が強いかどうかの診断が、高い確率でわかります。しかし、この出産前診断と言うものは、お腹の胎児の将来を大きく変えてしまうものでもあるのです。なぜなら、検査目的は、お腹の中にいる胎児に染色体異常があるかどうかを早期発見し、親としての心構えをするためだとされて...

≫続きを読む

出産前検査開始、でもその前に知っておくべきこと

出産前検査を受ける前に知っておかなければいけないことがいくつか発表されています。それは、今の時点では、胎児の13番、18番、21番トリソミーだけの検出に焦点を絞れば有効です。しかし、検出率は高いものの100%の例を検出できるものではないということです。そして、偽陽性率自体は低いものですが、時には偽陽...

≫続きを読む

染色体異常が見付かった場合中絶は許されるのか?

出産前診断は、35歳以上の妊婦の血液を採取するだけで、母体に負担がかからず、染色体異常があるかないかが、わかる検査です。特に35歳以上と条件をつけているのは、妊婦が高齢になればなるほど、ダウン症などの染色体異常で生まれてくる子供の確率が高くなっていると言う理由があります。しかし、高齢出産の場合、染色...

≫続きを読む

生まれる前から差別されるの?

出産前診断が、新しく2013年4月からスタートしましたが、あなたはどう思われますか?この新しくなった出産前診断と言うのは、高齢出産を控えた妊婦を対象に主として行われるものですが、どんな意味で、高齢出産を望む女性を対象にしているのでしょうか?確かに高齢出産の場合のリスクとして、ダウン症の子供や先天性疾...

≫続きを読む

生きる力がある子供

出産前診断で、ダウン症などの染色体異常の可能性があると判断された胎児は、生きる力がある子供だということをわかってあげましょう。「生きる力がある子供」とは、通常、染色体などに異常がある胎児のほとんどは、稽留流産(お腹の中で成長が止まってしまうこと)等による初期流産でこの世に生まれて来ないとも言われてい...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記