出産前検査開始、でもその前に知っておくべきこと

スポンサードリンク

出産前検査開始、でもその前に知っておくべきこと

出産前検査を受ける前に知っておかなければいけないことがいくつか発表されています。
それは、今の時点では、胎児の13番、18番、21番トリソミーだけの検出に焦点を絞れば有効です。
しかし、検出率は高いものの100%の例を検出できるものではないということです。

 

そして、偽陽性率自体は低いものですが、時には偽陽性結果があるため、
もし、陽性結果が出た場合は、必ず、羊水検査か絨毛検査で確定診断をしなければいけないとされています。

 

また、この検査を受ける場合、全く臨床的に意味がないとされる例として、BMI(肥満判定度)が高い妊婦は検査が出来なかったり、結果が出ないというリスクも高くなってしまいます。

 

妊娠後期には、いくら染色体に異常が見付かったとしても、今の日本では、人工中絶と言うものが出来ないと言う法律になっています。
つまり、妊娠後期の妊婦は、出産前診断を受けることが出来ないとされています。

 

以上のようなリスクも考えながら、出産前診断を受けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前検査開始、でもその前に知っておくべきこと関連ページ

問題点とは
命の尊さが問われる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける前に考えて欲しい
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
命の選択につながる検査でもある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
異常が見付かった場合中絶は許される?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生まれる前から差別されるの?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生きる力がある子供
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記