染色体異常が見付かった場合中絶は許されるのか?

スポンサードリンク

染色体異常が見付かった場合中絶は許されるのか?

出産前診断は、35歳以上の妊婦の血液を採取するだけで、母体に負担がかからず、染色体異常があるかないかが、わかる検査です。
特に35歳以上と条件をつけているのは、妊婦が高齢になればなるほど、ダウン症などの染色体異常で生まれてくる子供の確率が高くなっていると言う理由があります。

 

しかし、高齢出産の場合、染色体異常の可能性があるかもしれないという不安を抱えている妊婦にとっては、この出産前診断を受けることで、安心感を得ることが出来ますが、もし、陽性反応が出た場合、落胆してしまう可能性もあります。

 

その場合、妊婦が人工中絶を選択することができるのでしょうか?
もし、選択した場合、それは許される行為として言えるのでしょうか?

 

今の現状では法的には認められていないと言うのが実状です。
しかし、リスクが少なく、精度の確率が高いと言われている新しい出産前診断を受けようと思っている妊婦はますます増加します。
産みたいけど産みたくない、生まれて来て欲しいけど来て欲しくないという葛藤と戦うしかないのかもしれません。
新しい出産前診断を受ける前にまずは、お腹の中で育っている胎児の今後をよく考えてから受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


染色体異常が見付かった場合中絶は許されるのか?関連ページ

問題点とは
命の尊さが問われる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける前に考えて欲しい
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
命の選択につながる検査でもある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
検査前に知っておくべきこと
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生まれる前から差別されるの?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生きる力がある子供
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記