出生前診断 命の尊さとは

スポンサードリンク

出生前診断 命の尊さとは

出生前診断を受けた後、その結果如何によっては中絶を迫られると言う現実がこれからますます増えてくるのではないでしょうか?
なぜなら、新型出生前診断は、10週以降で可能となり、陽性の場合の確率は約95%で、陰性の精度が99%と高くなっているからです。
また、羊水検査と違い、流産の恐れも少なく、費用こそ高額になりますが、確率的には高い診断結果が出る結果になります。

 

そのため、万が一、胎児に異常が見付かった場合、
生まれてくる子供を育てる自信がない、育てることに不安に思う気持ちが先行してしまい、
最近では、胎児の異常を理由に中絶する人が増えて来ているということも事実存在しています。

 

そんなに簡単に命あるものを粗末にしていいものでしょうか?
ましてや不妊症治療を受けてやっと授かった命がダウン症、あるいは、先天性異常として生まれてくる子供だとしたら、
あなたはどう思いますか?

 

確かに、最新医療によって、生まれてくる子供に異常があるかどうか判断出来るようになりましたが、
本当にそれでいいのか、命の尊さをもっと真剣に考える必要があるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出生前診断 命の尊さとは関連ページ

問題点とは
受ける前に考えて欲しい
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
命の選択につながる検査でもある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
検査前に知っておくべきこと
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
異常が見付かった場合中絶は許される?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生まれる前から差別されるの?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生きる力がある子供
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記