出産前診断は、命の選択につながる検査でもある

スポンサードリンク

出産前診断は、命の選択につながる検査でもある

出産前診断は、妊婦の血液採取だけで、染色体異常が強いかどうかの診断が、高い確率でわかります。
しかし、この出産前診断と言うものは、お腹の胎児の将来を大きく変えてしまうものでもあるのです。

 

なぜなら、検査目的は、お腹の中にいる胎児に染色体異常があるかどうかを早期発見し、親としての心構えをするためだとされています。
しかし、実際は、不安と言うものを募らせるものでしかありません。
もし、ダウン症であると診断が下った場合、ダウン症であっても我が子として育てるのか、それとも、経済的理由や育てる自信がないために中絶すると言った両極面の選択をしなくてはいけないのです。

 

せっかく授かった赤ちゃんが、ダウン症だと聞かされたら、あなたならどちらを選択しますか?
ただ、今の日本の母体保護法では、ダウン症などの染色体異常が見付かった場合、中絶してはいけないことになっています。

 

でもこの出産前診断は、高齢出産を控え、染色体異常の子供なのかどうかと言う不安を取り除くと同時に、お腹の中で日々育っている胎児の運命を決める命の選択につながっている検査であるということを理解しておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断は、命の選択につながる検査でもある関連ページ

問題点とは
命の尊さが問われる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける前に考えて欲しい
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
検査前に知っておくべきこと
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
異常が見付かった場合中絶は許される?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生まれる前から差別されるの?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
生きる力がある子供
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記