出生前診断で何が分かるのか

スポンサードリンク

出生前診断で何が分かるのか記事一覧

出産前診断でわかることって何?

新型出産前診断が、2013年4月から本格的に受診出来るようになりましたが、いったいどんなことがわかるのでしょうか?この出産前診断でわかるのは、染色体異常13番と18番と21番の3つが血液検査によってわかるようになります。つまり、エドワーズ症候群とバトー症候群、そして、染色体異常が1番多いとされている...

≫続きを読む

染色体異常18番目が出産前診断でわかる

染色体異常18番と言うのがこの出産前診断でわかるようになって来ましたが、では、この染色体異常18番と言うのは、どのような確率で発生し、どのような症状なのかわかりやすく説明します。出産前診断でわかる染色体異常18番は通称エドワーズ症候群と言われています。このエドワーズ症候群は特に女児に多く見られるもの...

≫続きを読む

出産前診断でわかる染色体異常13番とは

出産前診断ではダウン症のほかに染色体異常13番(バトー症候群)もわかると言われていますが、あまり染色体13番についてどのような症状なのか書かれていないので、ここで説明します。染色体13番に異常が見付かる確率は、5,000人に1人の頻度で発症します。特に高齢出産になればなるほどリスクが高くなるとも言わ...

≫続きを読む

染色体異常21番目(ダウン症)とは

よく、出産前診断で染色体異常21番目が早期発見できると言われていますが、この染色体異常21番目であるダウン症候群とはいったいどういう症状の子供が生まれてくるのでしょうか?一概にダウン症と言われてもあまり理解されていない部分がありますので、ここで少しだけ説明します。染色体異常21番目、通称ダウン症候群...

≫続きを読む

染色体異常21番トリソミー ダウン症が血液検査でわかる

染色体異常の早期発見が出来るといわれている新型出産前診断がはじまりましたね。この新型出産前診断は、要するに高齢出産の大きなリスクと言われているダウン症の可能性があるかどうかが、妊婦の血液を採取するだけで、わかる検査とも言えます。つまり、高齢出産と言うのは、それだけ、染色体異常21番トリソミー、通称ダ...

≫続きを読む

出産前診断でターナー症候群もわかる

出産前診断では、ダウン症のほかにターナー症候群も羊水検査によってわかるようになってきました。出産前診断では、ダウン症、13番、18番の確率が高いか、どうかを血液検査で調べることが出来ますが、染色体異常で発症しやすいものとして、ターナー症候群と言うものがあります。ただ、このターナー症候群はダウン症と同...

≫続きを読む

出産前診断では染色体異常の他にわかることは

出産前診断では染色体異常のほかにわかるものとして、デュシェンヌ型筋ジストロフィー等先天性疾患などもわかるようになってきています。しかし、新型出産前診断では主に染色体異常を判断します。出産前診断は以前から行われてきていたものですが、あまり、一般的には知られていなかったと言うのが現状です。やはり、出産前...

≫続きを読む

出生前検査だけでは確定できないこともある

新型出生前検査は、あくまでも血液検査のみで、染色体異常を早期発見すると言う目的で行われていますが、本当にそれだけで染色体異常等の胎児の異常がわかるのでしょうか?研究者や医療関係者の報告では、新型出生前検査では、99%ダウン症かどうかがわかる検査ではないため、検査の精度としては75%程度でしかないと言...

≫続きを読む

出産前診断でわからないこととは何?

出産前診断で高い確率でわかることと言うのは、新型出産前診断で行う血液採取による染色体異常の確率が高いかどうか、羊水検査による染色体異常の確定検査、エコー検査による胎児の形態の異常などがわかるようになって来ました。出産前診断の高い確率により、ダウン症や13番、18番の染色体異常の早期発見や内臓疾患、形...

≫続きを読む

出産前診断を受ける必要性があるのか?

高齢出産をしようと考えている妊婦が、本当に出産前診断を受ける必要性があるのでしょうか?確かに染色体異常と言うのは、30代後半から確率が非常に高くなると言われています。ダウン症の発生確率は、20代後半で1,000人に1人、35歳でおよそ350人に1人、40代では100人に1人と言う割合で、高齢になれば...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記