出産前診断でわかることって何?

スポンサードリンク

出産前診断でわかることって何?

新型出産前診断が、2013年4月から本格的に受診出来るようになりましたが、いったいどんなことがわかるのでしょうか?

 

この出産前診断でわかるのは、染色体異常13番と18番と21番の3つが血液検査によってわかるようになります。
つまり、エドワーズ症候群とバトー症候群、そして、染色体異常が1番多いとされているダウン症の3つだけしかわかりません。

 

しかし、血液検査だけでは、陽性の可能性があるとしかわからないため、さらに羊水検査を行った上で確定判断がされるようになっています。

 

ただ、出産前診断で陽性反応が出てしまった場合、確定判断が出来る羊水検査を受ける前に、中絶と言う結論を出してしまう人もいるのではないでしょうか?

 

なぜなら、やはり、羊水検査はお腹に針を差し込んで羊水を抜き取るため、流産のリスクもあり、結果が出るまでに時間がかかると言うデメリットがあるからです。

 

確かに出産前診断にはデメリットがあります。でも、本当に染色体異常なのかどうか、確定診断を是非とも受けてから、将来のことを考えて欲しいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断でわかることって何?関連ページ

染色体異常18番目とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常13番とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番目(ダウン症)とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番トリソミー
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
ターナー症候群もわかる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常の他にわかることは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定できないこともある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
わからないこととは何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける必要性があるのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記