.染色体異常18番目が出産前診断でわかる

スポンサードリンク

染色体異常18番目が出産前診断でわかる

染色体異常18番と言うのがこの出産前診断でわかるようになって来ましたが、では、この染色体異常18番と言うのは、どのような確率で発生し、どのような症状なのかわかりやすく説明します。

 

出産前診断でわかる染色体異常18番は通称エドワーズ症候群と言われています。
このエドワーズ症候群は特に女児に多く見られるもので、3,000人から8,000人に1人の確率で発症します。
また、男児の場合は流産する場合が多いと言うのも特徴です。

 

症状として、心室中隔欠損症、心内膜床欠損症等の先天性心疾患は必発で、口唇裂、口蓋裂、握ったままの手、耳介低位付着などの奇形および重度の知的障害がある子供が生まれると報告されています。

 

また、このエドワーズ症候群の場合、生後1年以内に90%生存しないという報告もあり、生存した場合でも先天性心疾患の重症度は生命予後に特に重要な影響を及ぼすとも言われています。

 

高齢出産で赤ちゃんを産みたいと思っている女性は是非とも出産前診断を受けてもらいたいものですが、こういうリスクもあると言う認識は持っていてもらいたいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


染色体異常18番目が出産前診断でわかる関連ページ

わかることって何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常13番とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番目(ダウン症)とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番トリソミー
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
ターナー症候群もわかる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常の他にわかることは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定できないこともある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
わからないこととは何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける必要性があるのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記