染色体異常21番目(ダウン症)とは

スポンサードリンク

染色体異常21番目(ダウン症)とは

よく、出産前診断で染色体異常21番目が早期発見できると言われていますが、この染色体異常21番目であるダウン症候群とはいったいどういう症状の子供が生まれてくるのでしょうか?
一概にダウン症と言われてもあまり理解されていない部分がありますので、ここで少しだけ説明します。

 

染色体異常21番目、通称ダウン症候群(ダウン症)は、高齢妊娠の場合に多く発症し、1,000人に1人の確率で発症しています。

 

ダウン症の特徴として、筋肉の緊張力が低く、小指の関節が1本足らない、まぶたが深い二重まぶた、発音が苦手であり、知能発達の遅れが目立つ等、ダウン症独特の顔つきが見られやすいといった特徴があります。

 

ダウン症の合併症として、心臓病、白血病、てんかん、消化器官の奇形、視力の屈折障害や聴覚障害などが可能性として現れやすくなり、また、抵抗力が低いため感染症(風邪や気管支炎、中耳炎)等に十分気をつけることが必要だと言われています。

 

染色体異常が陽性になりやすいのは、やはり、高齢出産をしようとしている場合が最も高くなっていますので、出産前診断で、早期発見できるのはいいことかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


染色体異常21番目(ダウン症)とは関連ページ

わかることって何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常18番目とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常13番とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番トリソミー
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
ターナー症候群もわかる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常の他にわかることは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定できないこともある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
わからないこととは何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける必要性があるのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記