染色体異常21番トリソミー ダウン症が血液検査でわかる

スポンサードリンク

染色体異常21番トリソミー ダウン症が血液検査でわかる

染色体異常の早期発見が出来るといわれている新型出産前診断がはじまりましたね。
この新型出産前診断は、要するに高齢出産の大きなリスクと言われているダウン症の可能性があるかどうかが、妊婦の血液を採取するだけで、わかる検査とも言えます。

 

つまり、高齢出産と言うのは、それだけ、染色体異常21番トリソミー、通称ダウン症候群の発症確率が高いということでもあります。

 

ダウン症の確率は、一般的に新生児の1,000人に1人と言われていますが、その確率は、高齢出産35歳以上になるにつれて上がっていきます。

 

統計によれば、20代で1667分の1、30代で952分の1、35歳で378分の1、40代になると、40歳で106分の1、45歳で30分の1と言うのが出ています。

 

確かに、出産前診断が始まってから1ヵ月後の中間報告でも35歳以上の方が受けられていて、染色体異常21番トリソミー(ダウン症候群)と羊水検査を受けた後の確定診断で判明したと報告されています。
それだけ、高齢出産には、ダウン症と言うリスクが高いと言うことがわかる結果かもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


染色体異常21番トリソミー ダウン症が血液検査でわかる関連ページ

わかることって何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常18番目とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常13番とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番目(ダウン症)とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
ターナー症候群もわかる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常の他にわかることは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定できないこともある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
わからないこととは何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける必要性があるのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記