出産前診断でターナー症候群もわかる

スポンサードリンク

出産前診断でターナー症候群もわかる

出産前診断では、ダウン症のほかにターナー症候群も羊水検査によってわかるようになってきました。

 

出産前診断では、ダウン症、13番、18番の確率が高いか、どうかを血液検査で調べることが出来ますが、染色体異常で発症しやすいものとして、ターナー症候群と言うものがあります。

 

ただ、このターナー症候群はダウン症と同じように首が腫れているということでエコー検査でもわかる病気です。
最終的確定判断は、はやり、羊水検査を行ってみないとわからないと言うのが現状です。

 

ターナー症候群の症状は、幼児期に足がむくんでいたり、背が低い、生殖器に異常がみられますが、知的障害などが全くないまま成長していきます。

 

問題として言われているのは、大人になって妊娠して流産を繰り返す可能性が高い上、子供が生まれた場合、それが女の子の場合は特に無排卵や不妊症等の疾患を抱えてしまう確率が高くなってしまうということです。

 

出産前診断で、もし、染色体異常が強く反応として出てきた場合は、3つの染色体異常の他にも違う病気が潜んでいる可能性がありますので、出来るだけ、専門医と相談の上、怖がらず、羊水検査を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断でターナー症候群もわかる関連ページ

わかることって何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常18番目とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常13番とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番目(ダウン症)とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番トリソミー
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常の他にわかることは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定できないこともある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
わからないこととは何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける必要性があるのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記