出産前診断でわからないこととは何?

スポンサードリンク

出産前診断でわからないこととは何?

出産前診断で高い確率でわかることと言うのは、新型出産前診断で行う血液採取による染色体異常の確率が高いかどうか、羊水検査による染色体異常の確定検査、エコー検査による胎児の形態の異常などがわかるようになって来ました。

 

出産前診断の高い確率により、ダウン症や13番、18番の染色体異常の早期発見や内臓疾患、形態疾患などの異常が確かに早い段階でわかるようになってきています。
ですから、妊娠中期になって、内臓などの疾患がある場合は、お腹でまだ発達途中の段階でも治療が出来るため、出産の際には、すぐに対処処置が出来るNICU(新生児特定集中治療室)がある機関病院や大学病院などへの転院をすすめることができます。

 

ただ、単に出産前診断は、染色体異常の可能性が高いかどうかだけを調べるものではなく、その他の異常を早期発見できるものだと考えて受けるようにしましょう。

 

ここで考えなければならないのは、生まれてくる前に胎児に異常が見付かった場合、あるいは、あるかどうかわからず、妊娠中の妊婦やその家族が精神的に不安定になるのではないかということです。
この精神的不安をどう解消して行くかが今後の課題かもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断でわからないこととは何?関連ページ

わかることって何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常18番目とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常13番とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番目(ダウン症)とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番トリソミー
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
ターナー症候群もわかる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常の他にわかることは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定できないこともある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
受ける必要性があるのか?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記