出産前診断を受ける必要性があるのか?

スポンサードリンク

出産前診断を受ける必要性があるのか?

高齢出産をしようと考えている妊婦が、本当に出産前診断を受ける必要性があるのでしょうか?

 

確かに染色体異常と言うのは、30代後半から確率が非常に高くなると言われています。
ダウン症の発生確率は、20代後半で1,000人に1人、35歳でおよそ350人に1人、40代では100人に1人と言う割合で、高齢になればなるほど、発生確率が高くなると言う報告もされています。

 

ですから、今回新しく出来た出産前診断を受診できる条件に35歳以上の妊婦と言うことが書いてあります。
でも、染色体異常の確率が高くなるのは、高齢出産だけではないのです。

 

例えば、ダウン症は、高齢出産の場合と遺伝的に起こり易い場合もあるからです。
20代の場合でも身内の親戚の中にダウン症の方がいるとすれば、遺伝性の染色体異常の可能性が高くなり、確率も高くなってしまいます。

 

一概に高齢だから染色体に何かしらの異常があるということはないのです。
もし、本当に不安に感じて毎日を過ごしているのなら、出産前診断を受診して、不安を解消しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


出産前診断を受ける必要性があるのか?関連ページ

わかることって何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常18番目とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常13番とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番目(ダウン症)とは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常21番トリソミー
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
ターナー症候群もわかる
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
染色体異常の他にわかることは
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
確定できないこともある
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。
わからないこととは何?
出生前診断とはなんでしょうか。そのメリットやデメリット、費用や問題点等をご紹介します。

基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記