出生前診断の種類にはどんなものがあるのか?

スポンサードリンク

出生前診断の種類にはどんなものがあるのか?記事一覧

新型出生前診断NIPTとは|出産を決意したい女性を増やす救世主?

2012年の夏の朝刊の記事を見て出産を決意した女性もいます。今までの出生前診断はお腹に針を刺し、注射器で羊水を20ml程抜き、胎児に染色体異常がないかどうかを調べる「羊水検査」が主流でした。この検査は子宮に針を刺すことで、0.3%の確率で流産が起こります。これまでまで染色体疾患を確実に知るための出生...

≫続きを読む

新型出生診断NIPTの精度はどれくらい高いのか

新しい出生前診断であるNIPTは2013年4月頃から大いに注目を集め新聞やテレビはこぞってNIPTについて報道しました。どちらかといえば、これらの報道はNIPTの普及により人工中絶を増やすとして、NIPTへの警戒を促す内容でしたが、メディアの露出が増えるごとにNIPTは世に知られることになり、検査を...

≫続きを読む

日本人が知らない海外の出生前診断

NIPTは海外でも大きな反響を呼びました。日本国内でNIPTが検査できる疾患はダウン症、18トリトミー、13トリトミーの3種類に限られています。しかしこのNIPT、これから先もっと幅広く活用される可能性があります。実際に日本では認可されていないNIPTによる「性染色体」や「微小欠失」を調べる検査がア...

≫続きを読む

超音波検査の出生前診断は情報量が多いのが最大のメリット

胎児超音波検査専門のクリニックで精密な超音波検査「妊娠初期超音波検査(first trimester scan)」を受ける方が増えています。日本では「胎児ドック」とも呼ばれています。世間で騒がれているNIPTはではなく、この妊娠初期超音波検査を選ぶメリットはなんでしょうか。そのメリットとはNIPTは...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本 命の尊さと問題点 何が分かるのか? 検査方法 医療・カウンセリング 中絶のリスク 体験記